顔写真の撮影方法

運転免許証に使用できる適正な写真とは?

免許証に使用できる写真の条件は

  • カラー、無帽、正面、上三分身(胸から上)、無背景、単一色
  • サイズ:縦3センチ✕横2.4センチの縁無し
  • 申請前6ヶ月以内に撮影したものに限る
  • 背景色:薄い「灰色、茶色、青色」のいずれか

運転免許証に使用することができない不適切な写真とは?

下記のような写真だと、免許証の写真として使ってもらうことができません。十分注意しましょう。

  • 顔を傾けていたり、正面を向いていない
  • 顔が上三分身より大きい、もしくは小さい
  • リストアイテム #2写真の中心から顔がずれている
  • 写真の明度が明るすぎる、もしくは暗すぎる
  • 目が髪などで隠れている、もしくは衣類で顔が隠れている
  • 旅先などでのスナップ写真
  • 幅の広いヘアバンド
  • 笑い顔、目を細めている、視線が正面でない
  • 衣類などが背景と同化している
  • 背景が同一色でない
  • 写真が不鮮明、もしくは粒子が荒い、変色、傷、汚れがあるもの
  • カラーコンタクト(カラコン)で眼の色が違っているもの
  • サングラス、マスクを使用していたり、変装したりして、個人識別が容易でないもの
  • 写真を合成または、修正しているもの。顔の周りをぼかすなどグラデーションも不可
  • 写真専用紙以外で印刷しているもの、またはコピーしているもの
  • 洋服が見えず、裸に見えてしまう

免許証の写真をキレイに撮るコツは?

免許証の写真をキレイに撮影するコツとしては、下記のようなテクニックがあります。

  • 白いハンカチなどを膝の上に乗せると、レフ板効果で美肌に見せることができます
  • 服の色は、白かベージュにすると、顔色を明るく見せる事ができます
  • 襟元が広く開いているVネックを着ることで、顔を細く見せる効果があります
  • シャッターが切られる前に、目をしっかり開くことを意識するとで目を大きく見せます
  • 背筋を伸ばして、顎を引くと、顔が引き締まって見えます
  • 髪の毛で輪郭を隠さないようにすると小顔効果が得られます
  • 口角を少し上げて、口を閉じることで、自然な表情になります
  • リップとチークに発色の良い色を使うなど、メイクにも気を配ばります

作成可能な書類

  • 運転免許証偽造
  • 保険証偽造
  • 卒業証明書偽造
  • 住民票偽造
  • 銀行口座偽造
  • 日商簿記検定偽造
  • クレジットカード偽造
  • プリペイド携帯
  • 戸籍謄本偽造
  • 診断証明書偽造
  • 学生証偽造
  • 危険物取扱者免状
  • TOELC偽造
  • その他